カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS


 

5月9日 バリ〜最終日

5月9日

今日でこの旅も終わり。というのにまだまだやることはあるのです。まずチェックアウトの時間をずらしてもらおうと思ったのだが、すでに予約がはいっており出来ないとのこと。困ったなあと思っていると、荷物は預かるし、シャワーも出来るよ、と。それならいいか、と荷物を預かってもらう。

留学時代からの友人ワヤンさんがやってきた。今日はなんだか流行ってるらしい「サテバビ」の店に行くのだ。

金の銅像

道中、寺だと思うが巨大な金色の像が。。。。なんかすごい。

サテバビやさん店構え サテバビやさんから帰る

そこは小さなお店。華僑の方のお店らしく、正月の飾りや「牛肉」のメニューもあり。お客様はいろいろな方でいっぱいでギリギリ座れた。

サテバビメニュー 

※メニューはこれだけ。

サテバビスープ   サテバビジュース サテバビ甘いサテバビ辛い 

スープ(牛肉だったためワヤンさんは食べない)、みかんジュース、サテバビ(豚の串焼き)の辛口、甘口とごはんを注文。

サテバビやさんで サテバビワヤンさん 

辛口のほうが美味しかったです。甘口はケチャップマニスとも違う甘さ。一昨日の腹痛でみなに心配されたが、インドネシア最終日。食べないでどうする〜と胃薬持参で完食。

そして食後はサヌールの「Arak dewi sri」の蔵元さんへご挨拶に。

アラックウダヤナさん アラックウダヤナさん2

日曜日なので蔵は休み。事務所へ案内してもらって話をする。インドネシアは酒税がものすごくあがったとかで、国内の需要は厳しいと話すウダヤナ氏。さらにウダヤナさんのアラック(のボトル)は過去に問題があったため(いろんな噂があるようだが、製造をずっと続けられているのが答えだと思う)スーパーなどでも見かけないので相当厳しそうだ。※日本に輸入されているものも輸入がストップして以来、厳密な検査が行われているので安心です。

アラックといえばこのデウィスリマークの緑のボトルがほとんどだったはずだ。なんとか持ちこたえて誠実に消費者に答えるしかないだろう。。。

それから大きなおみやげやさんがあるらしいので立ち寄ることに。

おみやげやさんのバス おみやげやさんの屋根の花

※他の島からの観光客もバスでお買い物に。屋根のプルメリア模様がかわいい。

おみやげやさん入り口 おみやげさんの前でおじさん

※同じようなおみやげさんに2件行ったのでどっちがどっちがわからないのですが、どちらも中は女性が一生懸命に物色。おじさんたちは疲れたのか入り口で一服。世界共通。

おみやげやさんTシャツ おみやげやさんの中

きっと旅行で来ているのでお土産探しが大変だと思うジルバブをかぶった女性たち。このTシャツは人気らしい。私たちはバティックを数枚、武蔵小山店で昔使用していた竹の風鈴みたいなものを購入。

ディスカバリーモールへ移動。ちょいと小腹が空きましたよ、と人気のパンやさんへ。

パンやの看板 ロティボーイ

店長日記をはじめてすぐの頃、「ロティボーイ」について書いたことがある。マレーシア発の店で今では韓国で大人気のパンだ。しかしインドネシア人スタッフが帰国の際、買ってきてくれたものを食べた感想は「・・・普通?(リクエストしたくせにひどい)」。※ロティボーイさんごめんなさい。

というわけで今回は「ブレッドトーク」へ。ケーキも販売している本格的なパンやさんだが、「お惣菜パン」が主流というかんじ。米食が基本のインドネシアだ。たしかにおかずはパンにあうだろう。合体させるとはなかなかのものだ。パンと別の店でお茶(わりと高額)を購入しモールの目の前の海岸へ。

パンの袋 パンとオ茶 モールでワヤンさんと パンと足

※どのパンを買ったのか忘れてしまった。。。。なので味も全く覚えていない。ワヤンさんが甘そうなものを買ったことはなんとなく覚えている。ごめんなさい。

そろそろ夕日の時刻。ということで海岸には観光客をはじめ地元の方たちがたくさん集まってきた。私たちも久しぶりにまったり気分で海岸に座り込みパンをかじる。

 モールのビーチ モールの海岸

そういえば今回インドネシアに来て海をゆっくり見たって今が初めて?ということに気づきいろいろなところへ行ったなあとしみじみ。同世代でのんびりとパンを食べながら時間がゆっくりと過ぎていくのを初めて感じる。

食べ終わり、モール内で足つぼマッサージをやっているのを発見し、帰る前にやっておきたいとわがままをいい夫婦で足つぼ。夫はまたもや痛い箇所があり「耳が悪い」と言われていた。。。やっぱり耳が悪いらしい。聞こえないわけではないのだが、どうしたものか?

そこからホテルへ戻り、出発する人用のシャワールーム(無料!タオルもシャンプーも!)でさっぱりとし着替える。

ホテル横のレストランで最後の晩餐だ〜と軽く食事。さすがの私もいつもはがっつり食べれますが、おなかを痛くしたばかり。帰りの飛行機も心配です。

ばたんわるー ばたんわるー2 ばたんわるー3

でも最後ですからビンタンで乾杯!つまみはウンピン!1時間くらい前にパン食べてます。。

ばたんわるー4 ばたんわるー5

ナシゴレンはワヤンさんが食べました。空芯菜炒めはみんなで。

最終日はずっとワヤンさんにお世話になりました。いい人そうにしないところが彼のいいところです。事実かなりいい人なんですが。

空港まで送ってもらい、最後の最後と空港から出てきて再び乾杯。私はスシちゃんやイチャに「すごくおいしいの!」といわれた「チモリーのヨーグルトドリンク」で乾杯。

夫も今回の旅で久し振りにアルバイトさんたちに会えたりしたのも嬉しかったと思いますが、留学時代の友人たちに会えたことが何より嬉しかったと思います。もうみんないい年で、それぞれにいろんなことをやっていて。。30代はこれで会うのが最後でしょうから次は40代。私たちはどんな風になっているのでしょうか?

エアポートワヤンさん

ありがとうワヤンさん!

最後はだらだらしてしまいましたがようやく「家庭訪問の旅」終了です。うっかり読んでしまった方ありがとうございます。お料理の感想などは個人的なものです。失礼がありましたら申し訳ございません。バンドゥンやジャカルタではイチャさんが一生懸命探してくれた店ばかりです。ご旅行の参考になれば嬉しいです。

それでは。チャべの日常の記録「店長日記」も読んでくださいね。

ページトップへ